ファストパッキングのギアマガジン ~アートルバーグ~

ファストパッキングとは?

経験を積み重ねて【速さと軽量】登山を手に入れる いままでの登山は重装備というイメージがあったかと思います。最近では中容量(20~40L)のザックにシェ...

カテゴリー:その他, ピックアップ

経験を積み重ねて【速さと軽量】登山を手に入れる

いままでの登山は重装備というイメージがあったかと思います。最近では中容量(20~40L)のザックにシェラフやクッカーなどをいれて寝泊まりをしながら長い距離を速く移動するファストパッキングが人気です。このファストパッキングはこの1、2年で注目を浴びている登山カテゴリです。今回はこの「ファストパッキング」について少し詳しく説明します。

ファストパッキングの楽しみ

ファストパッキングで使うザックは中容量(20~40L)なのでいままで比べると動きやすく、軽量ギアを入れているので今までに比べると1日の移動距離が長くなります。そのため、より多くの山の景色を楽しみ。自然を長時間楽しむことができます。

これは、この数年でザックはもちろん、寝袋やハイキングで利用する服の素材や材料の技術開発が急激な進歩を遂げたことがその理由の1つです。
ギアに関しても新素材や軽量素材の開発の恩恵を受けることができます。
自分の経験値とその季節や天候、そして行程を考えてファストパッキングの中身(装備)を考えることも大きな楽しみの1つです。

ファストパッキングは経験を積みながらの引き算が鉄則

ファストパッキングと一口にいってどのようなものが必要で、その程度の重量であればファストパッキングなのでしょうか?
実はこれには答えはありません。他人の装備は参考になりますが、そのままを持っていくのは自分の命を自然の脅威にさらしてしまうということになります。

  • 登山歴が長い人
    数年しかない人
  • 日本アルプスに何回も行っているような人
    低山ばかりであまり高い山の経験がない人

とでは経験の差が歴然とわかると思います。
「これであればなにかあっても対処できる」荷物をベース、自分の経験と季節やその時の天候、そして登山(ハイキング)の行程で装備を引いたり、足したりしてみてください。

そしてギアや服は山に行く前に一度、使ったり、着用してみてください。

できるだけ山に行く前にしっかりと使ってみて「使える、使いこなすことができることを」確認すると山でも安心して使うことができます。

まとめ:登山経験とともにファストパッキングを楽しむ

登山歴、山の経験が少なければ安全のためにどうしても荷物は多くなります。また、30歳前半の人と40歳代前半の人では体力に差が出てくるため、ここでも安全のための荷物は多くなります。山の経験の多さで補う部分もあるので、これからファストパッキングを楽しみたいという人はまずは体力をつける、そして山の経験を積みながら楽しむ、ということですすめてみてください。

関連記事

エマージェンシーキット

縦走に携行したいドクターヘッセルインセクトポイズンリムーバー【HS01100000】

蜂・蚊・毒虫に噛まれときのために、ドクターヘッセルのインセクトポイズンリムーバーを携行しよう ファストパッキングやスピードハイク、トレイルランニングだけではなく、キャンプやハイキングなど、全...[続きを読む]

2016.09.01